痛風は食事で改善できる|今こそ乱れを正す時

痛風は食事で治す

和食

痛風治療に必要な食事

痛風治療のための食事で気をつけることは、プリン体を減らすこと、バランスの良い食事を毎日続けること、水分を積極的に摂取することです。食習慣を見直すことで、痛風を改善させることができます。痛風は体内の血液中のプリン体が増え過ぎることによって、関節にプリン体の結晶が生じることで関節痛を生じます。足の親指の付け根に始めに痛みが出ることが知られています。痛風が生じる原因はプリン体が過剰に含まれた食事を毎日摂ることです。プリン体は、ビールやレバー、干物、肉・魚の煮汁に多く含まれています。旨味成分を多く含む食事には、プリン体が多く含まれていると言われています。痛風の治療には、食事に含まれるプリン体を減らしていくことが大切です。さらに、食事のプリン体を減らすことだけでなく、バランスの良い食事を心掛けることも重要です。適切なカロリーを守ることでプリン体の摂取量を減らすことができます。また、海藻類や野菜、イモ類、果物には体内のプリン体を、体外に排出する作用があります。これらの食物は、アルカリ性を示します。プリン体は酸性の成分のため、これらのアルカリ性の食物を摂取することによって、プリン体が溶けやすくなります。プリン体が溶けることで、体外に排出されやすくなります。また、食事と同時に水分をたくさん摂取することによって、尿量が増加します。尿量が増えるとプリン体が尿に溶けて体外に排出されていきます。痛風の治療や予防には、バランスの良い食事を継続していくことがポイントです。